夏の奏舞、準備始まりました!

加治屋百合子先生、公開レッスンの募集が始まります。詳細はまた後日UPいたします。








 

<講師紹介>加治屋百合子/YURIKO KAJIYA

愛知県出身。8歳よりバレエを始める。10歳で上海舞踊学校に留学。在学中の 2000年、若手バレエダンサーの登竜門であるローザンヌ国際バレエ・コンクールでローザンヌ賞を受賞、奨学金を得てカナダ国立バレエ学校に入学。 2001年アメリカン・バレ エ・シアター(ABT)スタジオカンパニー入団。 2002年同バレエ団の研究生を経て、同年6月正団員となり2007年7月にソリストに昇格。 2014年7月ヒューストン・バレエ団移籍、最高位プリンシパルに昇格。

レパートリーには「くるみ割り人形」「コッペリア」「ジゼル」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「ラ・バヤデール」「レ・シルフィード」「マノン」「蝶々夫人」「メリー・ウィドウ」等に主演。またアレクセイ・ラトマンスキー、トワイラ・サープ、マーク・モーリス、ヨーマ・エロ、イリ・キリアン、スタントン・ウェルチ、マーサ・グラハム、ジョージ・バランシン、ケネス・マクミラン、アントーニー・チューダー、ジェームス・クデルカ、フレデリック・アシュトン、ジェローム・ロビンズ振付作品でも主要パートを務める。

  • 2006年 日本版「Newsweek」世界が尊敬する日本人100人に選ばれる。

  • 2007年 「情熱大陸」出演。

  • 2010年 アメリカ高視聴率番組「So You Think You Can Dance」のゲスト出演、全米で生放送される。

  • 2011年 NHKハイビジョン特集、アメリカン・バレエ・シアター来日公演「ドン・キホーテ」主演、その様子を追ったドキュメンタリー「バレリーナYuriko-輝きの舞」がNHK・BSにて放映。

  • 2012年 国際社会でで顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献したとして、内閣府 から『世界で活躍し「日本」を発信する日本人』の一人に選ばれる。

  • 2013年 内閣府に招待を受けニューヨークで安倍首相夫妻と対談。

  • 2015年 アメリカ「タイム誌」が選ぶ次世代のリーダーに選ばれる。

  • 2017年 ニューヨークにてヒューストンハリケーン支援ガラ公演を主催。オーストラリアバレエ団「眠れる森の美女」客演。

  • 2018年 ローザンヌ国際バレエコンクール審査員。

  • 2019年 北京国際バレエコンクール審査員。

  • 2020年 オンラインにて日本のアーティスト&舞台芸術を支援するプロジェクト『Hearts for Artists』を始動。14カ国22バレエ団32人のバレリーナが踊る「瀕死の白鳥」アーティスト支援プロジェクトに賛同&出演。世界のバレエ団、ガラ公演に招かれる他、講習会を開き講師としても活躍している。

  • 2021年3月 令和2年度(第71回)芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

 




閲覧数:26回0件のコメント